オーストラリア留学って実際どうなの?初海外で感じたこと!

コアラ 画像

こんにちは。
実は1週間ほど前から
オーストラリアの大学に
留学しています。

 

人生初海外ということもあり、
かなり刺激的な毎日を送っています。

 

まだそんなに日数は経過していませんが
今オーストラリアで感じていること
などを書いていきたいと思います。

 

<オーストラリアで感じたこと>

オーストラリア 画像

改めて現在の状況を話すと、
オーストラリアのとある
大学に留学しています。

 

日本の季節は現在秋ですが、
こちらは春です。

 

日本との時差は約1時間半なので
時差ボケなどは全くないです。

 

ただ寒暖差で結構やられましたね。(笑)

 

僕自身初海外ということもあり、
多少の不安はありましたが、
ホストファミリーなどに
助けられ、なんとかうまくやっています。

 

大学が市内にあるので、
放課後は市内を探索して
遊んでいるのですが
日本との違いにはだいぶん
驚かせられました。

 

まず、平日の昼間の市内の活気は、
日本とは比べものにならないです。

 

これは文章で伝えずらいのですが
本当に違うのです。

 

日本では平日の昼間に都会に行くと
ほとんどの大人の男性はスーツを着て
歩いていますよね。

 

近くのレストランに入れば、
サラリーマン同士で時間を気にしながら
食事をとってる光景が一般的だと思います。

 

しかし、市内は違います。

 

昼間からレストランなどのお店で
ビールを飲んだり、
ワインを飲んだりしている人が
本当にたくさんいます。

もう一度言いますが、本当にたくさんです!(笑)

 

そして、夕方の5時になると
次々にショッピングモールや
カフェは閉店していきます。

 

最初は「早すぎだろっ!!!」
と思いましたね。
夕方5時で市内のほとんど全ての
お店が閉まるのが一般的みたいです。

 

日本とオーストラリアのどちらが良いかを
ここで議論するつもりはないです。

 

ただ、時差が1時間半しかない国なのに、
こんなにも人々の時間の使い方が違うのか、
ということには本当に驚かされました。

 

よく自己啓発の本に
「時間の使いかたが大事、なぜなら人生は時間できてるのだから」
というような言葉を耳にします。

 

今までこの言葉の意味を
「時間を浪費するなよ!」
という先人からのアドバイスくらい
にしか思っていませんでしたが、
もっと深い意味があるのだと
オーストラリアの地で実感しています。

 

 

また、僕は今まで親や周囲の人に

「あなたは世界で1番安全で恵まれて幸せな国、日本に生まれてきたのよ!」

なんて教えられてきました。

 

確かに僕自身日本人であることに
誇りをもっていますし、
日本人で良かったと今でも思っています。

 

けど、今回オーストラリアの文化に触れて
この国に「憧れ」や「うらやましさ」
を感じたのも事実なのです。

 

一生海外に行くこともなく、
「俺は世界で1番幸せな国、日本にいるんだ~」
と思いながら人生を終えずに良かったなと思っています。

 

そして、もっとほかの国も訪れてみたい
と思いましたね。

そのめには「稼ぐ」
ということは必須ですね(笑)

では今日はこの辺で!Have a good day^^