ワーホリの滞在費や生活費は?資金(お金)集めの方法を考えてみた

こんにちは。ゆーいちです。

 

今日は、オーストラリアでの
ワーキングホリデーについて。

 

ワーキングホリデーは、
略して、ワーホリと
言われていますが、
ここ数年とても人気ですね。

 

そもそもワーホリとは
一体何なのでしょうか。

Wikipediaでは、

二国間の協定に基づいて、青年(18歳~25歳または30歳)が異なった文化(相手国)の中で休暇を楽しみながら、その間の滞在資金を補うために一定の就労をすることを認める査証及び出入国管理上の特別な制度である。
原則として各相手国ごとに一生に一度しか利用できない

 

と書かれております。

 

ちなみに29歳でワーホリへ行くことを
『ギリホリ』なんて言うそうです。笑

<ワーホリではどこの国が人気?>

MS251_japanpassport500-thumb-260xauto-2646

僕は大学入学当初、
卒業したら、
オーストラリアへ
ワーホリしたいなんて
考えていました。

 

日本からのワーホリ先も
オーストラリアは非常に
人気が高いです。

 

理由は、色々あると思いますが、
僕が実際に大学3年生の頃、
オーストラリアへ留学した経験
も踏まえて考えてみると、
オーストラリアはアジア人がとても
住みやすいからということが挙げられる
のではないかと思います。

 

街に出れば、黒人、白人、
中東系の人、アジア系の人
など本当に沢山の人種がいます。

 

日本人だからと言って、
街で浮くような
ことは一切ありませんでしたね。

 

また、治安が非常に良い
ということも、オーストラリア
ワーホリが人気の理由の1つだと思います。

 

オーストラリアは銃規制が
非常に厳しいので、僕も
安心してオーストラリアへ
留学することができました。

<オーストラリアワーホリでかかる費用は?>

NAT85_beachnosanset500-thumb-753x500-3207

ではここではお金について
考えてみましょう。

 

もしオーストラリアで
語学学校へ通うのであれば、
だいたい3ヶ月50万円
くらいの学費が必要です。

 

そして、ホームステイ(食費込み)
にかかる金が、3ヶ月30万くらい。

 

それに、
『ビザ』『航空券』『保険』
で約30万円必要と
なります。

 

つまり、3ヶ月
のワーホリで、語学学校
にも通うのであれば、
約110万。

 

語学学校へ通はない
のであれば、約60万
が最低必要となります。

<ワーホリの資金はどうする?>

photo-1415302199888-384f752645d0

留学にしろ、ワーホリ
にしろ、日本で資金を
集めることは必須です。

 

実際に僕がオーストラリア
の大学に留学する前、
周りの友人はバイトを
掛け持ちしたりと、かなり
忙しい毎日を送っていました。

 

資金集めに必死になって、
派遣を週8で入れる
神がかった友人もいましたね。

 

また、ワーホリに行った
ことがある人に話を聞くと、
『1年間、日本でバイトして、次の年にワーホリに行った』
なんて言う人が多いみたいです。

<ゆーいちならどう資金を集める?>

冒頭でも少し話しましたが、
僕は、今から数年前は
大学を卒業したら1年間バイト
して、その次の年にワーホリ
へ行こうと考えていました。

 

しかし、今は全くその考えはないです。

 

それは1年間バイトして、次の年に
ワーホリに行くのは、あまりにも効率
が悪いことに気づいたからです。

 

それは僕のオーストラリア
留学前後の経験が
関係しています。

 

僕は留学へ行く前、
一切アルバイトをして
いませんでしたが、
バイト漬けの友人
より月3倍くらいインターネット
を使って稼いでいました。

 

なので、留学前の6ヶ月も
バイトではなく、英語のみ
に集中することができたのです。

 

 

それだけではありません。

 

僕はオーストラリアでも
毎日現地でできた友人と海に行ったり、
BARへ行ったりと、なかなかリッチな
生活をしていました。

もう完全に遊び呆けていたわけです。
(もちろん会話は全て英語なので勉強にはなっています)

 

それにも関わらず、
2ヶ月半の留学を
終え、日本に帰国した時、
僕の口座にはサラリーマン
の給料以上のお金が
振り込まれていたのです。

 

周りの友人は、留学期間中
アルバイトができなかった分
慌ててアルバイトを開始していました。

 

別に、アルバイトをしてお金を
をため、そのお金を留学
やワーホリの資金にすることが
悪いとは全く思いません。

 

ただ、インターネットを使えば
もっと楽しく、かつ効率よく
お金を稼ぐ方法があることだけは
知っておいてほしいのです。

 

また、これから先、
『ネットで稼ぐ』
という方法を知らないで
生きていくということは、
あまりにもリスクが大きい。

 

そして、同時に自分の可能性を小さく
しているということも事実なのです。

 

僕は現在、好きな時に
いつでも海外に行ける
仕組みをPC1台で作っています。

 

そのノウハウや経験も
このブログで随時紹介して
いくのでチェックしておいてくださいね^^

 

では今日はこの辺で!
皆さんも良い1日を^^

 

 

 

PS1

海外志向が強い人はぜひ仲良くしましょう^^

 

 

PS2

去年から僕がずっと
チェックしているYouTuber。

最初見た時は、芸人かと
思いました 笑笑

ワーホリのお金についても
面白く語ってくださっている
ので是非見てみてください。

きっとファンになりますよ^^