大学3年生(回生)ですべきこと!バイトだけの過ごし方は危険?

オレンジデイズ 画像

大学3年生(回生)の過ごし方って今振り返っても凄く重要な時期だったなと感じます。この時期になると、意識の高い人はインターンシップに参加したり、海外留学に挑戦したりしてきますよね。

 

実際、僕の周りにも3年生になって、資格を勉強し始めたりする人も多かったです。

 

今日は、大学3年生という時期を後悔しないため、具体的にどんな行動を起こしていけば良いかということを話していきたいとおもいます。

 <大学3年生(回生)で考えておくべきこと>

オレンジデイズ 画像

 

2015年から就活は4年生の3月からに変更になったことで、

これから大学3年生になる人は多少時間にゆとりができました。

 

しかし、ここで油断すると結構痛い目にあいます。

 

大学3年生はライバルと差をつけるための

ラストチャンスの時期という風に捉えたほうが無難です。

 

特に大企業や一流企業に就職したい願望のある学生は、

なしかしら普通の大学生が取得していない

ハイレベルな資格勉強を行う必要がありますよね。

 

最近ではTOEIC800以上などの条件を

設定してる企業も多いのです。

 

そういうとこを狙っている

学生はすぐさま勉強を開始したほうが良いです。

 

 

よく、

「4年生から就職活動あるから、3年までは遊びまくろ〜」

なんて言う学生がいますが彼らは100%と言っていいほど後悔しています。

 

「えっ??俺、サークルの先輩に4年生になったら全然遊べないから、3年までは遊びまくれ!ってアドバイスされたんだけど。。。。」

と思った人も多いかもしれません。

 

誤解をおそれずに言えば、

その先輩は、よっぽど世間知らずか

人間は、大学時代までしか遊ぶことはできない

という固定概念に縛られてる人のどちらかです。

 

もちろん東大や旧帝大などの難関大学

に在学してる大学生なら多少あぐらを

かくことは許されますが、

そうではないのであれば

聞く耳を持たないようにしましょう。

 

<3年生(回生)の過ごし方はなぜ重要なのか?>

なぜ3年生という時期の資格勉強を

終わらせておいた方が良いかというと、

大学3年生という時期は、精神的にまだ安定してるからです。

 

どんな学生でも就職活動が開始される4年生の春

くらいになると、企業のリサーチに時間を取られたり、

企業の説明会に参加したりするため、

まとまった時間を確保するのが以前に比べて難しくなります。

 

こういった現実があるので、

3年生という時期が自分の進みたい進路を

切り開く1番大事な時期だった実感します。

 

 

もちろん今日書いた内容というのは、

あくまで向上心の高い学生に対してのものです。

 

「別に将来はなるようになる」と思ってる人は

好きなだけ遊んだ方は良い選択だとおもいます。

 

PS

いざやろうと思ったものの、

周りはの友人は遊んでばかりだし

やる気が出ない、と感じてる人も

多いのも事実。

 

実際僕もそうでした。

そういった人は思いっきって、

新しい環境に飛び込んでみる

ことをオススメします。