大学生が家庭教師の個人契約の方法を伝授!感想と経験談も!

家庭教師 画像

こんばんは。ゆーいちです。

僕がネットビジネスを始める前にしていた
アルバイトは何個かあるのですが
その中でも一番良い経験になったのが
家庭教師のアルバイトです。

 

大学生なら友達に一人は
家庭教師をしてる友達がいると思います。

しかし、僕みたいに個人契約で
家庭教師をしていた人は少ないと思います。

 

僕は運よく個人契約を勝ちとれたので、
かなりの高時給でアルバイトしていました。
そのことについて今日は話していきますね。

~あれは大学2年生の夏の話~

家庭教師 画像

もともと大学に入る前から家庭教師をしよう
と思っていたので、大学2年生の夏に
2つの会社の家庭教師のアルバイトに応募しました。

 

1つは、かなり小さな企業から中学3年生。

もう1つが大手企業(家庭教師のト○イ)から
中学3年生の生徒を引き受けることに。

 

大手のほうは時給1800円。
もう一方は時給1500円という感じでした。

 

結局この2人の生徒を合格させるまでの
約七か月指導したわけですが、
なかなか大変でした。

ただ今考えても凄く充実していましたし、
一緒に数学や英語を勉強するのは楽しかったなと思います。

 

話を戻して、大手の会社の家庭教師に来てもらうって、
結構生徒の親にとっては負担になります。

実際僕はその生徒のところに
週2日で1回の授業が2時間という条件で指導していました。

 

僕に会社から支給される
給料は、一か月で、
3600円×8回=28800円。

(時給は1800円と大学生にとってはかなり良い給料ですが一回の指導時間が短いため一か月でみるとあまり稼げないのが現実です。)

 

僕の月収は3万円もないんですね。

しかし、生徒の親御さんは、
家庭教師の会社に毎月大体10万近く支払っていました。

 

つまり、親が家庭教師の費用として
毎月支払うお金10万円は、
指導者である僕に3万。

そして、家庭教師の会社に7万円というわけです。

 

そんなこともあり生徒の親御さんから
「個人契約にしませんか?」
という依頼があり、
途中から個人契約に切り替えました。

 

個人契約に切り替えた後は、
指導時間は先ほどと同じで
月5万円で契約しました。

つまり、時給約3000円で
アルバイトしていたことになります。

 

「個人契約しませんか?」と提案するのは、
なかなか言い出しずらいと思いますが、家
庭教師の給料の仕組みを理解している親御さんなら
僕みたいに相手のほうから個人契約の提案を
してくれるかもしれません。

指導する側もしてもらう側も
お互い得なのは間違いないですからね。
PS

いまどきの中学生は、クラスの95%が
スマホを持ってるそうです。

僕が中学の頃はクラスで携帯を持ってる人は
2,3人だったので驚きました。

予想はしていましたが、
時代の変化は速いものです。

PS2

想像以上に今の中学生は、
YouTuberが好きです。

本当に授業の休み時間になると
直ぐにスマホでHIKAKINの動画見ますからね。

今の時代、YouTuberは芸能人と同様みたいです。